テーマ:

書籍「運河と閘門」

運河と閘門。 水の道を支えたテクノロジー。 書籍の紹介です。友人が進めてくれました。 日本の閘門を調べた本です。 無くなったのも含めると163箇所。 もっとあるかもしれない。 本の編著者をみたら、 編著者  久保田 稔 大同大学名誉教授 工学博士  竹村公太郎 (財)リバーフ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本の紹介~舟運都市~

最近、読んでいる本です。鹿島出版会。舟運や運河、水辺の都市について基本的なことが理解できます。おすすめの一つです。3000円と少々高いけど。 著者は、日本大学名誉教授の三浦裕二さん、日本大学教授の吉川勝秀さん、法政大学教授の陣内秀信さん、岡本哲志建築研究所の岡本哲志さん、(株)エコー河川環境部の江上和也さん、JICAの加本実さん、日本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more