テーマ:環境

淀川ネイチャークルーズ/新北野防災船着場だよ

淀川ネイチャークルーズで使われる新北野防災船着場です。 災害時は物資輸送、帰宅困難者等の輸送などの支援につかわれます。 普段は観光、環境学習など、船を活用したイベントの他、船着場自体でのイベントなどにもつかわれます。 災害時は人を助け、普段は人を楽しませてくれる防災施設のインフラです。 10月8日、9日は楽しい船着場になると思い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

親子の水防教室

昨日、荒川の河川事務所で見つけました。 舟に乗りながら親子で水防教室。 良いですね~。 親子で体験できることが素晴らしいです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シンポジウムのプログラムが固まってきました~

12月20日のシンポジウムの概要がほぼ固まりましたのでお知らせいたします。   場所 土木学会 120名 参加費無料  13:00     開会  13:00-13:05 挨拶 NPO都市環境研究会会長 新倉健司  13:05-14:05 基調講演 NPO日本水フォーラム事務局長 竹村公太郎氏  14:0…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

河川舟運のホームページ作成中

都市環境研究会です。 ホームページを作成しています。なかなか上手くできません。 素人が作ろうとしていると難しいです。 普段はパソコンを使った計算等をしていますが、ホームページはまた違いますね。 ちゃんと出来たら、アップしますので、見てくださいね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NPO都市環境研究会の活動

ここ数年間の当会の活動の一部です。 シンポジウムや社会実験を中心に行っています。 ニュータウンの未来?多摩ニュータウンからのメッセージ?アキモト・ドットコム秋元 孝夫ユーザレビュー:Amazonアソシエイト by 人口減少社会における多世代交流・共生のまちづく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ペルー チチカカ湖のヨシと共存した生活

ペルーのチチカカ湖です。 湖の湖面にヨシで家を作り、町を作っています。 そして、移動手段はヨシで作った舟で移動します。 古代から現代まで、この生活様式が守られています。 古代文化を受け継ぎながら、現代を生きている。 我々のように現代社会の文明に毒されている者は 生活自体ができないだろう。不自由と見える…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

淀川舟運 くらわんか舟

NPO法人都市環境研究会と申します。 貧乏なNPOのため、会員のブログと連携して舟運に関連すること等を発信していきたいと考えています。 FACE BOOK もありますので、そちらにもお越しください。都市環境研究会で検索できます。 淀川舟運を代表する絵です。 くらわんか舟と言います。 江戸時代、京都と大阪を行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

堰柱は籾

10月末に韓国に行ったときのものです。 ヨンサン江という4大河川事業の一つを 見てきました。光州の近くです。 そこに新しく作られた堰です。 堰柱は籾をイメージしているそうです。 この地方は稲作が盛んな地域のため、 それをイメージしたそうです。KWATERという 役所の人が言ってました。 日…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

電気船に乗りました~

10月20日 大阪・枚方市の 防災船着場から大川に向けて、 電気船に乗りました。 音が静かでゆっくりしたスピードで 水の上をなめらかに走りました。 乗船1週間前に運輸局の検査に パスしたそうです。 まだまだ、改良するところが多いらしい ですが、将来は伏見まで上れるらしいです。 ただ、…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

神田川 今昔 臭うかな?

あなたは~ もう~ 忘れたかしら 赤い手ぬぐい・・・・  というフレーズ。伊勢正三の神田川。 これからお見せする神田川の ちょうど真ん中の年ぐらいに 大ヒット。 やや同じ画角のつもり。 1957年の神田川。 ちょうど浅草橋から清衛門橋の方向。 かの地で江戸時代からやっている船宿三浦屋…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

レトロ 綺麗だった隅田川と桜と渡し

古き良き時代? 明治の頃の隅田川、桜、渡しの風景 水辺がもっと人と近いところにあります 今では遠いね 安全を守る高潮堤で人が近づけない 水辺のテラスは人工的で硬い 昔はしなやかさと柔らかさが水辺となっています 幸田露伴の「水の東京」はこんな世界を …
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

納豆づくりじやないよ 古代のお舟だよ 考える葦かな

大阪 淀川 枚方市の淀川河川公園の一こま。 パスカルの名言ではないです。 枯れたヨシ・アシがたくさんあります。 納豆の苗床づくりに励む人たち・・・・ しばらくすると大きな大きな水戸納豆。 もうすこしすると、なんか大きな草鞋のできあかり。 完成したのは、アシの舟。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

マイナスイオン 養老の滝

舟運シンポジウムみたいし、はまぐり食べたいので、 会社を休んで、桑名へ一直線。 幸いシンポも聞けました。おもしろく為になる話でした。 それにハマグリも食べられたしね。 その帰りに疲れを癒しに、養老渓谷に行きました。 マイナスイオンをたくさん浴びたから、健康になったかな。 さすがに滝から落ちる水はすごい…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

桑名の焼き蛤と舟運シンポジウム

水辺に関するHPをつらつらと見ていたら、 ちょっとおもしろそうなものがありました。 三重県桑名市で8月31日に 防災と観光をテーマに舟運シンポジウムが あるようです。 9月1日は防災の日だから、それにあわせたのかな?? 新幹線や高速道路から見る木曽三川は あまりお船はないようです。 回りに…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

電池で走る観光船・淀川

もうすぐ淀川に電池で走る観光船が登場します。 42人乗り。3時間充電で6時間走るそうです。 電池で走るから排気ガスがでません。 音もでないから、鳥たちにもやさしいです。 環境にやさしい船。無音走航だから潜水艦のようかもしれません。 スローライフの旅にはもってこい。 喫水の浅いので、うまく行けば伏見まで…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

復活!常夜灯 八軒家浜

大阪、大川の八軒家浜に常夜灯が復活。 明治時代に近くに移設していたものです。 しかし、重さ100トンのため、矢板がまがるので、 やむなくレプリカをおいたそうです。 幕末は新撰組と坂本龍馬がはす向かい、両隣の 宿に投宿していたそうです。 よく、斬り合いにならなかったものです。 また、一つシンボルが…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

スカイツリーと蛍、いやホタルイカ?

昨日、東京の隅田川でスカイツリーの点灯式のイベントがありました。 LEDで水に触れると光る玉を10万個、隅田川に流したものです。 暗闇を青い光が漂っています。 見物人の人がホタルイカだって! 最初は大阪堂島川でやったのがはじまりです。 漂う光は幻想的でしたが、何かもの足りませんでした。 水辺の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松山の川

ぼっちゃんと秋山兄弟等で有名な松山市に行ったときの川の写真です。 断層が見えるらしいです。 東京厚生年金会館ファイナル ファイナリスト松山千春 [DVD]コロムビアミュージックエンタテインメントユーザレビュー:Amazonアソシエイト by 35th Anniversary 松山千春の世界 Chiharu…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひさしぶりのブログだけど、怒ってます!

1年ぶりぐらいです。 何かとせわしくてブログを書く気がしませんでした。 最近、怒っていることがあります。 電話による商品等の勧誘です。 私の自宅の電話は電話帳には載せていないのに よくかかってきます。会社もです。 たぶん、どこかに登録したものが流出したり、 売買されているんでしょうね。 怒っている理由はと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年の夏は要注意!

節電と計画停電のもたらすものは? 電気料金の値上げ? 23区の外で計画停電すると、 23区とその回りの温度差が激しくなる? ゲリラ豪雨が多発で浸水被害? それともビルやマンションでは熱中症が多発? 消防署は大忙し。 23区停電しないのなら、法律で時間で節電させたらどう? 夜の10時で消灯と…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

どっちが良い?

放射線にも負けずに田植えをする農家。 延命にやっきな政府と首相。 どっちが人間味があるでしょうか。 被災地と被災した人たちはお構いなし。 自ら長く居座ることだけを考えている。 これでは被災地がかわいそう。 自立もできないまま、何年も過ごさせるのか。 もはや、自然災害ではなく政治災害です。 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

新しい閘門

日本で一番新しい閘門です。 東京を流れる荒川にあります。 荒川ロックゲートです。 江東低地の水の道を結びます。 水路をゆく(DVDつき) (イカロス・ムック)イカロス出版ユーザレビュー:Amazonアソシエイト by
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

水辺のスラム

戦後直後の日本もこのような水辺でした。 世界にはまだこのような水辺が多くあります。
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

古い閘門

フランス・ブリアール旧運河にある閘門跡です。 遺跡として残されています。 もう一回使ってみるのも良いですね。 恋する水門 FLOODGATESビーエヌエヌ新社佐藤 淳一ユーザレビュー:Amazonアソシエイト by 運河と閘門 水の道を支えたテクノロジー (単行本・ムック) / 久保田稔/編・著 竹村公太郎/編…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

砂漠の水くみ~

砂漠の水くみ。 水くみは女性の仕事? 野菜が壊れる (集英社新書 469B)集英社新留 勝行ユーザレビュー:Amazonアソシエイト by
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オタワの閘門

カナダ・オタワの閘門です。 階段式でいつくもの閘門が連なっています。 湖に向かって一直線。 右にちょっと見えるのはホテルです。 ホテルに泊まる人は閘門を通る船を眺めて 楽しめます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨降り

今日の東京は雨。 今週末までぐずついた天気が 続くそうです。 雨降ると地盤がますます緩くなるから、 土砂災害が憂慮されます。 東京でも少し建物の地盤が悪くなっているはず。 雨がしみこんで、悪くなると超高層ビルがピサの斜塔? そういえば、不信任否決されたのに、身内から 辞めろの大合唱。不思議…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more