テーマ:歴史

元気再生

爆笑問題風  みんなが元気を出せば、日本は良くなる? 河川の舟運(水運)を生かした地域再生だって。 下のURLに利根川をテーマにした 講演のパワポがあるよ。 http://www4.ocn.ne.jp/~toshikan/image/w_transport.pdf
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トンネル運河

ナポレオンが部下に命じて作った運河。 ここはトンネルがあります。丘を削って、穴を開けて作りました。 リクバルというところです。調べてみてください。 トンネルから何か異様なお船ちゃん。 チェーンで通航したい船を牽引しています。 大昔は人、次に馬、そして石炭・機械。 後ろに1隻、これは貨物船。…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

舟のお祭り

ずいぶん前に撮った写真です。 茨城県の鹿島神宮と 千葉県の香取神宮の神様が 12年に1回、その年の9月2日に 利根川で再会するというお祭り。 鹿島神宮から御座船に乗せられた御輿が 50隻以上の船を引き連れ、加藤州で再会 して、再び戻るということらしいです。 日本最大級だとか。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マッカーサーと仁川市場

17日、仁川で過ごす。 マッカーサーの逆上陸地点の一つ。 ウルミド。逆上陸は3箇所あったそうです。その一つ。 そこにある記念碑です。 フェリーです。ヨンジュとを結ぶ航路があります。仁川空港のある島です。 市内には中華街があって、その壁には三国志が絵でわかるように描かれていました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一網打尽だ~

おはようございます。 去年の5月の連休に撮った写真です。 場所は、旧江戸川。江戸川区と浦安市に挟まれた、江戸川から流れてくる川です。 投網のイベントでした。 江戸投網保存会という会が、日頃の鍛錬を紹介したもので、毎年行われているそうです。 江戸時代から続く細川流。投網にも流派があるとは知りませんでした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モンサンミッシェルと干潟

日本からの旅行で人気のあるモンサンミッシェル。オムレツが有名。 河川の河口に位置し、満潮時は島となります。河口干潟が広がる場所です。湿地帯が広がっています。 干潟と湿地帯があることで、水質を改善したり、生き物の生息場にもなります。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

信濃川・阿賀野川の舟運

江戸時代、新潟市から長岡市上流まで信濃川を使った舟運で、年貢米や雑貨の輸送等で沿川は栄えた。今でも長岡までは通航可能ですが、新潟市内で観光のウォーターシャトルやボートが見られるだけです。河口の新潟港からは国内はもとより海外との貿易に盛んな地です。かつて舟運が盛んであったことから、信濃川や阿賀野川には閘門がいくつも存在しています。 1.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本の紹介~舟運都市~

最近、読んでいる本です。鹿島出版会。舟運や運河、水辺の都市について基本的なことが理解できます。おすすめの一つです。3000円と少々高いけど。 著者は、日本大学名誉教授の三浦裕二さん、日本大学教授の吉川勝秀さん、法政大学教授の陣内秀信さん、岡本哲志建築研究所の岡本哲志さん、(株)エコー河川環境部の江上和也さん、JICAの加本実さん、日本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more