ペルー チチカカ湖のヨシと共存した生活

ペルーのチチカカ湖です。 湖の湖面にヨシで家を作り、町を作っています。 そして、移動手段はヨシで作った舟で移動します。 古代から現代まで、この生活様式が守られています。 古代文化を受け継ぎながら、現代を生きている。 我々のように現代社会の文明に毒されている者は 生活自体ができないだろう。不自由と見える…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浜名湖の舟運の取り組み

浜名湖の舟運の取り組みの記事がでていました。 NPO都市環境研究会の会員が事務局を行い、継続して続けている地域活性化の活動です。 やはり続けていくこと、新たな発想で取り組むことなど、真摯に行うことが大事です。 昨今の焼き直しで報告書を作っているようなコンサルタントにお金を使うよりは、地元が動いて活動する こと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【予告】舟運シンポジウム

おはようございます。都市環境研究会です。 今年の晩秋に舟運シンポジウムを東京で開催することを企画しています。 内容は「観光と防災」で、東京・大阪の舟運等の専門家による議論を深めたいと考えています。淀の敵を東京で討つ。 写真はイギリスのエジンバラ近郊のフォルカークです。回転しながら、船が上下します。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

淀川舟運 くらわんか舟

NPO法人都市環境研究会と申します。 貧乏なNPOのため、会員のブログと連携して舟運に関連すること等を発信していきたいと考えています。 FACE BOOK もありますので、そちらにもお越しください。都市環境研究会で検索できます。 淀川舟運を代表する絵です。 くらわんか舟と言います。 江戸時代、京都と大阪を行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

誰のための日本国?

今日、衆議院が解散したそうです。 いろんな問題があるのに、ご自分たちの 都合で解散。議員先生は国のためとか、 言っているけど。本当は自己都合。 会社だったら、復帰はないですよ。 海外の国々は不思議がるだろうね。 こうも、日本のトップがコロコロ変わるから。 黄金の国ジバングは、コロコロ変わるから …
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

堰柱は籾

10月末に韓国に行ったときのものです。 ヨンサン江という4大河川事業の一つを 見てきました。光州の近くです。 そこに新しく作られた堰です。 堰柱は籾をイメージしているそうです。 この地方は稲作が盛んな地域のため、 それをイメージしたそうです。KWATERという 役所の人が言ってました。 日…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

電気船に乗りました~

10月20日 大阪・枚方市の 防災船着場から大川に向けて、 電気船に乗りました。 音が静かでゆっくりしたスピードで 水の上をなめらかに走りました。 乗船1週間前に運輸局の検査に パスしたそうです。 まだまだ、改良するところが多いらしい ですが、将来は伏見まで上れるらしいです。 ただ、…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more